スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれやこれやと


ものすご~~く好きなブログがありまして。
そちらをぼんやり眺めていたら触発されたのでちょっと書きたくなってきた。
お笑いファン時代に見つけたブログで、まあ芸人さんや芸能人の追っかけをされている方なんですけれど、いろんな方のファンを経てきているだけあって引き出しが豊富だし、人を見る目があるんですよね。
ぼんやり「あの芸人さんってこういうとこあるよな」って思ってたことをはっきり言葉にしてくれたりして。
「そう!それ!」ってなる。気持ちいいんですよね~。
私が応援してたコンビのファンの方じゃなかったんですけど、つい見ちゃう。というか、見てた。

その方のブログ見ていると(その方がジャンル変えても長年続けていらしてるので)私もひとつのブログちゃんと書いておけばよかったな、という気がしてきたんです。
あの頃のアレ!って言いたいんだけど、うまく言葉に出来なくて。参照元として過去の自分の発言がデーターベースになっていたらな~と。
(でもまあ見たくないものも多々ある。都築圭云々とか、勢いに任せてあることないこと書いてしまった…。しかも意外といろんな方に見ていただけたようで、穴掘って埋まりたい。スイマセン。あれは私の妄想の都築圭ですゆえ…他の都築Pさんたちに申し訳ないんじゃ…)

で、今なら松への今の気持ちを思いっきりぶちまけられそうな気がしたので適当に書いていきます。
自分用のブレストを兼ねていて、あまり人にお見せする用ではありません。
でも、振り返りやすいので、言葉にしたほうが好きです。
ふだんは限られた人にしかお見せしてないツイッターのアカウントでこういうことしてるんですけど、長くなりそうなのでブログで。

あ。感想吐き出しているときよりかは冷静なのでそこまでひどいBLはないかと思うけど、かといってBL的な視点から見ているやつの話だからアレルギーがある人は見ないようにされたほうがいいかと。
あと、あくまで私が思ったこと、私が考えたこと、私が考えているのに答えが見つからないことを見つけるための資料、なので、明確な「正解」や「意見」というわけではありませんし、「松ってこういう作品!」って言いたいわけでもないです。
今から書くことばかりがすべてだとも思っていないです。

しいて言うなら「過去の自分の発言を引用したいときのためのデータベース」となってくれることを期待しての記事です。
それにしても長文だから目がすべるな!自分でも読み返したくない!ホント、読ませる用に書いてないっす!
代わりにここのブログに書いたような内容を推敲したツイートは今後バンバンしていくと思うんで「もう見た」みたいな顔しないでくれると嬉しいっす!



話したい内容がいくつかあるので適当に番号振って区分しますが、深い意味はありません。話が切り替わったタイミングぐらいに思っていただければ。

まず私、声優さんのファンになったことがないです。
アイマスにおいては「中の人」ってかなり重要な存在ですし、そのすごさについては触れてきたつもりでいたんですけれど、あれってわりと、否、だいぶ?特殊だなぁと。最近やっと気がついた。
演技云々とかのお話も、もちろん伺ったことないわけじゃないんですけれど、それよりもっと「芸能人として」な振る舞いを見てきた気がするんですよね。
たぶんそれは表舞台でライブやってる一面ばかり見ているせいかと思うんですが。
アイマスは好きですし、もちろん声優の皆様方のご活躍は願っているけれど、かといってわざわざその人を追っかけて別の作品を見たりはしたことがありません。
気になってみた別のアニメに出てた、みたいなことはもちろん何度もあるんですけど。

松のラジオで神谷さんのお話伺って、うっわ声優さんってそんなところまでちゃんと考えてやってんだなあ、ってのにまず感動しました。
アイマスのライブあれだけ見といてなんですけど、私わりと「アニメのキャラ」が好きなのであって、「声優さん」が透けて見えるとさめてしまうタチなんですね。
アイマスの場合は「声優さん」が限りなくキャラに寄ってくれる文化があるので受け入れられるんですけれど(その慣れもあってか女性声優さんは平気なケースが多い))男性声優さんそのものの存在が見えてしまうと、なんかすっごい萎えちゃう気質で。
松は声優さんも人気の方が多く、そのへん心配してたんですけれど、まあ「わかってらっしゃる」方々なのか、そこまで目に付くわけじゃなかったので安心しています。
お話を伺えたと思ったら貴重な、なるほどなと思わせられるお話だったのも嬉しかった。
前々からしょっちゅう言ってるんですけれども、ぶっちゃけ男性声優さん(というより正直なところ「男性芸能人」全般)は苦手なんですけれど、その意識がやや薄まったかな、という。

アニメ本編見ててもそのお仕事ぶりに感嘆してたのは、まあ感想で吐き出したとおりだったりもしつつ。
そのあたり、きちんとご自分たちで考えられてやっているのだなあというのもまた新鮮で(そういうところもちゃんとやるもんだってのも知らなかったし、まあキャラだけを愛したいのだから知りたい情報でもなかったし)
声優さんのビッグネームのせいで、「声優が人気だから」といわれることも多いですけれど、単に「仕事できる人を集めた結果なのだな」としみじみ実感です。
まあ、「いざってときイケボ出せる」とか「あの人がコレ言う」とか、そういう面白さも笑いのひとつであって、それをやろうと思えばある程度の人気は必要なんですけれど。
もともと声優ファンではないところから入った身としても、あまりに「客寄せパンダ」的な言い方をされるのは気に食わん、と思ったりしています。



松をお笑い番組として見たときに手放しにすべからく面白いといえるか、といわれたらぶっちゃけそうでもありません。
そもそも地上波のお笑い番組だってすべて面白かったかといわれたらそうでもなかったですけれど。
ただ、好きな芸人さんたちがやっと羽ばたいた場だから見ていた感覚ですね。ピカルとか。なんでこれだけのメンツ揃えておいてこれしか出来ないんだろう、と歯がゆい気持ちをしてました。本来はもっと面白いはず!!っていう…閑話休題。

松に対して、それこそまあ声優ネームバリューなりホモ営業なりを目当てに集った子で、たまに「●話意味わからなかった」みたいなの見ると、ギョッとしたりします。
ああ、わかんないのかあと。わかんないのになんで好きなのかなあ。ああホモかあ、納得。
私も製作サイドのやりたいことすべて理解できてるわけじゃないですし、理解したつもりで全然わかってなかったりもすると思うんですけど、「わからん!」とまで言い切る勇気はありません。
でもなにもわからずにただただ受容するだけの子に伝わらないと「笑い」ってダメなのかもなあ、と思ったり。

かといってすべからく面白いかと言ったらそうじゃなくて、それこそ賛否両論だったエスにゃん回とか、フリまでめちゃくちゃ完璧なのに「オチそれだけ!?」って感覚があって。
別にカラ松かわいそう!とは思いませんけど、ああ、そんなに壮大にフってフってフってフったのに惜しい!!みたいな歯がゆさ。
そこまで壮大じゃなくてもいいです。たまに漫才でもあると思います。オチしょーもなっ!!ってタイプの漫才。
その「オチしょーもな!」っていうのもひとつの笑いになる場合がありますが、この場合はそうする場面じゃなかったと思うんです。漫才だったらそれまでにバンバン笑いとって最後にスカすってことですけど、この場合前半で笑いは取ってないわけですから。
エスにゃん回のこと「単独ライブの最後にやるタイプのコント」って思ってるんですけど、ああいうのってラスト難しいですよね。
ダメ出ししときながらなんですけど、私ももうどう落とすのがいいのかわからないです。現職の芸人さんがたにご意見伺ったらすごい面白そう。大喜利的な。
最初は最後までカラ松出ないでいきなりEDがカラ松だったら面白いかもなあ、と感じたんですけれど、それもそれでなんだかなあ。もうちょっと面白く出来る気がする。
キャラを雑に扱いすぎてもモンペがうるさいので(そして私もチョロ松のモンペなので19話は色々とダメージを食らっている)大変だよなと思います。
フリが壮大でオチがしょーもないパターン凄く好きなんですけれど、これも伝わりづらいんですかね~。
ほんでスベるとこんな感じで地獄ですもんね。笑いないままスーンと終わってく…。
いや別にエスにゃん回もダメだったってわけじゃないと思うんですけど…あ、もしかしたら私が笑いに慣れすぎているのがいけないのか?
あまりにも「教科書どおり」なオチだったので、「それだけかい!!」となってしまったんですが。
あまりお笑いに触れてない人から見ればそこまで「よくあるオチ」じゃなかったかもしれないですね…?わかりませんけれど。
まあ、5話目での放送っていうのもそのへんなんですかね。最初からぶっ飛んだことはできませんものね。と思ったけど1話からフルスロットルでしたねあのアニメ。

だから、特に男性とかがいう「なんで松が流行っているのかわからない」「なにが面白いのかわからない」という感想は、まあぶっちゃけ「妥当」だと思います。
こういっちゃなんですけど、芸人のテレビの笑いも嫌われがちじゃないですか、ネットでは。
嫌われるというより「やたらとシビアに判断される」と言ってもいいのかな?
芸人さんのノリをわかりやすくギュッとしてやっているアニメだと思うので、そういうものがそもそも好きではない人にとって最初から楽しめるアニメではないのかな、と感じています。
ただ、自分が「笑えない=面白くない」と感じたものが「なぜか人気がある」となったとき、「面白いと思う人が居るわけがない」とばかりに「声優のせい」「ホモ営業のせい」みたいになってくるのが、ちょっと鬱陶しいなーと感じてます。
大小あれど内容にきちんと面白さや興味深さを感じているので、それをあれこれイチャモンつけられるのは、ちょっとね。

松は、具体的にどこがどう!っていえないんですけど、全体的にいろんなことしようとしてるところが凄く好きです。
3話までしか見れてないんですけど(あと上映会でちょっと見ただけ)スペースダンディとか近いイメージある。スペダン民の友人の話を聞きかじった程度の印象として。
ただ、前も書きましたが、私アニメってほんとうにロクに見ないので、もしかしたらアニメ業界ではこれぐらいいろんなことしてみるのってフツーなのかもしれないですね。うーん。
ちなみに出演声優さんが出てる作品できちんと「見た」って言えるのって、有頂天家族と、野崎くんと、化物語と、荒川と、えー…あれ?マジそれぐらい?福山さんは「ギアスの人」小野さんは「ハルヒの人」なのはわかるし、入野さんなら「プリキュアの人」って認識はあるんですけど…うーん?マジこれぐらいの知識しかないので。アニメ全体に対する誤解があるかもしれない。



松はコント番組というよりユニットコントみがあるなと思うんですが、うまくいえない。
速度/材木/数字というそれぞれのコンビでやってるユニットコントみありません?そんなことない?ないか。

私が同期(やそれに近い)3組でのユニットってのがぱっと浮かばないので引用できないのが歯がゆい。しこたまあると思うのですが。
私はenjoyファンで、あとラゴリと東京シュール5も存在として認識してるんですけど、そこまでしか出て来ないっていうか…あー!もっと比喩を入れたいのに!
あと3組で推されてた、といえば「はんにゃ/フルポン/しずる」の3組と(ここ休憩時間…とか放課後…とかそんな感じの名前ついてませんでしたっけ?気のせい?私、しずるはライスとセットのイメージだったので、こっちの華があるほうは記憶が乏しいんですよね…)、あと「パンサー/ジューシーズ/ジャンポケ」の「333」組ですけど、これだと9人だし。
でも実際のトコ「333」に近いのかなと思います。
見てなかったけど「パワプリみがある」ってよく言ってますしね。
なんか色彩の雰囲気もパワプリな気がする。いやなんせ見てなかったんですけど。私が応援してた世代のちょっと下だったし…。

ちらっと言ったけど速度のそろそろ解散しそうなコンビみがすごい。
中高からの同級生タイプにありがちな、友達のころは気兼ねなくやってたノリがビジネスになった途端ギクシャクするタイプのコンビっぽいです。
こういうとこは案外解散してからのほうが成功しちゃうんですよね…パンサーとか。アームストロングとか。
ふたりでご飯とか行けないタイプ。

数字はあれです、お前らプライベートでも結構仲いいな?って気配がします。
養成所で知り合ったからこそフラットに仲良しタイプ。
一緒にご飯行けるって公言して、速度みたいなコンビに「ええー?」って言われる。
まあわざわざ二人きりで行くことはないけど、あいだにひとり入れたら平気ってタイプに思います。カナリアとかそうでしたね、師匠と三人でご飯が多いったら(あれは前コンビ時代があったからだろうなと思いつつ…)

逆に材木なんかはプライベートでは電話もしたことがないタイプに見えます。
たぶんファンになって追ってくと末弟が意外とダメで次男がしっかりしてるところに気付いて、ギャップにからめとられて、なのにテレビではその一面隠した(というかあえて出す理由がない)ままなのが「ファンだけが知ってる」みたいに感じてきてファン辞められないタイプ。
それこそノンスタとかそうですよね。いのえるの高校時代の悪戯っぷりエピソード大好きなんです。石田さんのヤドカリとか。これも10年前に聞いた話だなあ…。

ユニットになるともちろん「人間関係」も笑いのひとつになってくるので、色とか「仲悪い芸」だと思います。
ちょっと違うけど、たとえばKABUTOあたりのいごしょ文田さんと、エリヤン西島さんのくだりとか。
逆に末松は「こいつら仲良しだな」ってところなイメージで、なんでだろう、ぱっと浮かんだのがアーム栗さんとLLR伊藤ちゃんでした。
しかしほんと誰にも伝わらない比喩だな!というか、逆に伝わった人には「そうじゃねーよ!!」ってキレられそうな気がするんですけど、ほんと、あの、私しがないライセンスクラスタなんで多目に見ていただけると幸いです…。

あと、芸人さん方の「この人がこう動いたから自分はこう」「ここはこの人のこのキャラの一面に頼ろう」みたいなのが垣間見える平場が凄く好きなんですが、松もちょっとそういうところあるよなって。
中の人の計算のおかげなんでしょうね、いやはや面白いなと感じます。

この比喩でいうと、速度でコンビ組んでる三男にとって一番面白いって思われてたいの長男相手なんでしょうね。ということをぼんやり思ったけど広げる余地がないのであった。妄想だから。



無駄に壮大な考察をしてしまったりもするのは、そういう芸人さんにおける「平場」と「ネタ」の部分があるからなんですよね、きっと。
「平場」で垣間見える素の部分と、「ネタ」においてきちんと役割こなしている姿のギャップっていうのは、まあよくあることですけれど。
松の場合、トークライブとかないので、代わりにエピソードトークの「エピソード」にあたる部分は見られるのでそこで解釈するしかない、のかなと。

芸人さん見ててもその人の生活がかかってるので「そんな性格で芸能界やってけるかな」とか「そういう性格なのわかってるけどこうするべきじゃないかな」とか余計な心配してしまうんですけれど、松もちょっとソレに近い。
あいつらの場合ニートだから余計に心配。

だからといって文句は言わないし、それはそういう性格だから。もっといえば作品だから。
扱いにも文句は言わないし。結局笑いのためだから。その結果が面白いかどうかはさておき。
そういうものだなと思うのであった。という一連の芸人経由考察。


もうちょっと言いたいことあったはずなんだけど忘れたのでこのへんで。
三男の考察以下の言いたいこと言い尽くすだけのエントリもそのうち追加してしまいそうで怖いな。
自分の中で結論が出ていないので、結論出すためにガーッとまくしたてて、結論出して、すっきりしたいのです。

冒頭でもしつこいぐらいに言いましたがあくまでブレスト用に、とくに読み返して推敲したりもせず勢いのまま吐き出したので色々鵜呑みにしないでいただけると幸いです。
たぶんあしたあたり見直して、自分で「ここ全然違うじゃん!」ってつっこみたくなりそう。
色んな側面からちょっと見てみたいかなと思ったその「見てみる」作業なので、これは結論ではありません、としつこいぐらいに言っていきたい。


スポンサーサイト
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。