スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sideMとホモマス


sideMのプロデューサー界隈を見ていると、定期的に「ホモマス」とう呼び方に対する反感に遭遇する。


※冷静に考えてすさまじくあっちこっちから怒られそうだし、だけど言いたかったから書いたっていうクソみてえなブログ。
色々不愉快になるかもしれないのでツイッターとかでブログ更新したよ~~んとかも言わない。
変わりにひっそり置いておく。いつか消すかも。



シンデレラガールズなりミリオンライブなりを「レズマス」とは言わないのだからもっともな話なのだけれど、私は「ホモマス」という呼び名を特別気に食わないと思ったことはない。
最初に見かけたときは正直結構面白いと思ってしまったくらいだ。
単純にいまのネット社会、あちらこちらに「ホモネタ」があふれかえっていて、ゲイビデオ発祥のネタだって周知になってしまっているぐらいなので、「ああ、みんなホモネタ大好きなんだなあ」ぐらいに軽く捉えていた。
そして、あえて正式名称ではなくネタ的な言い回しで茶化すぐらいの好奇心はあるんだなあ、と思っていた。

私は若手芸人を推していた時代が長すぎるせいか、「顔と名前だけでも覚えて帰ってくださいよ」という気持ちがあまりにも強すぎるのだと思う。
自分の好きなものを告げて、「なにそれ知らない」みたいな顔をされるのは、つらい。
今まで何度そうした経験をしてきたかわからない。
だから、「男がいっぱい出る=ホモ」という適当な思い込みでもいいから、存在を知っていてほしい。

例えば他の類似コンテンツをプレイした上で、サイドエムのことは「ホモマス」って言っているのなら、ブチギレ案件だ。
多分こういう言い方をする人たちは、他の男性がたくさん出てくるアニメのことも全部「腐女子御用達アニメ」で片付けるタイプなんじゃないかな、と思う。
そうしたアニメをきちんと見たのだろうか、とも思う。
これもいわゆるひとつの偏見なので、こうした偏見をもたれたくなければそちらも「ホモマス」という偏見を使わなければいい。

とはいえ。
私も可愛い美少女たちがぱっとしない主人公をチヤホヤするアニメを見かけたら「なんだこの童貞御用達アニメは」と思うだろう。
それが実は感動できるって言われたってにわかには信じがたい。
そして、そのアニメを愛好する人が童貞とも限らない。

似た偏見を持っているので人のことは言えないかなあと思う。


………なんかもうちょっとちゃんとした理屈で説明できるかと思ったんだけど意外と道筋がへたくそだった。修行をしましょう!10点!!



あと超余談でどうっでもいいんですけれど、私は男の子キャラがいっぱい出てくるアニメはあんまり好きじゃないです。
サイドエム以外の男性アイドルゲームも苦手です。
それよりだったら可愛い女の子がただただぱっとしない主人公をちやほやするアニメのほうがずっと面白いなあって思います。
これは一概にすべてがそうだと言えるわけではなくて、私が今まで触れた中ではそういうことが多かったかなあ、という程度の話。

ただ男の子キャラがいっぱい出てくるアニメを「腐女子御用達」のレッテルを貼るのは好きじゃないし、女の子キャラがいっぱい出てくるアニメを「ただのハーレムアニメ」で片付けるのも好きじゃないです。
なんていうか、どっちも需要に沿った供給をまじめにやってていいなあと思います。商業的だよね~~。
ただ「腐女子御用達」のレッテルが貼られる必要のない作品にまで貼られているのはわれわれ腐女子の存在が影響力を持ちすぎてしまったことに原因があると思うので、そこはもう結局自分たちのせいだよなあ、とも思ったり。
自分たちでそうなる要因を作っておいてキレるのは、ある意味筋違いな気もするんですよね…。
それは「いじめられるほうが悪い」的な理屈なので、これはこれで結構理不尽。

なんか言いたいことが本格的にわからなくなってしまった。
なんだろうなあ。
なんでホモマスって呼び方がイヤなのか、否定する人たちに聞いてみたいぐらいわかんないなあっていうところがはじまりで、そこについて自分なりに考えてみながら書いてたんですけれど、いつもオチが行方不明になる。
いや、ほんとに「ホモマス」っていう呼び方がなぜイヤなのかまったくわからないわけじゃないんですけれど、呼びたいやつは呼びたいやつでほっときゃいいんじゃないの、っていう考えなので。
そこは突き詰めると意見の押し付けになってしまうのであんまり大きな声で言いたくはないですし、イヤだという方が多数であればゆくゆく少しずつ消えていけばいいな、と思っています。
そこはね。日本人的な思想だよね…。

こんなの書いてる暇あったら海賊走れ!!!!!!!!!!!!!!!!1(正論)
スポンサーサイト
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。