スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Altessimoイベガシャに関する感想


かふぇぱれPさんのイベントまとめ画像がまわってきて、わーたのしそー!!と思ったんですけど、なんか全然違うのが出来上がった。
イベントまとめっつーか、イベントに伴う私の心の声を振り返ってまとめてみたって感じです。
書きすぎて読み返すのもめんどくさいので、細かいところ一切修正せず勢いで打ったままそのまま載せます
あっちこっち変なこととか、語弊があることとか、いっぱいあるんですけれど、あんまり考えずに書いてるからそのへん本心じゃないですとだけ。

あとかなり主観です。私と、あとそのまわりのひとたちの動きみたいな。
繋がってないアルテPさんについて、あとごめんなさい、やっぱ都築Pなんで麗さんについても、取りこぼしクソ多いです。

まあクソ長いしそんな面白いもんでもないよ。
書いちゃったから載せるけど…早寝するつもりだったのにまだお風呂にも入ってない…。


FL
恒常衣装がゲーム中でも1,2を争う厚着っぷりのAltessimoを、いきなり大胆に脱がせた衝撃のガシャ。当時多かったシンデレラ等から流れてきた男性Pのユーザーを危ない道へ誘うかのような仕上がりで、「麗くん可愛い」の嵐が巻き起こった。
また、イベントカードの特効倍率がSR+で20倍、R+で12倍とかいう完全に頭のおかしな仕様に(現在のガシャ特効は最高で5倍)。ただでさえ、R+の都築さんのVo値は「10362」とすさまじいボーカルおばけっぷり。そのRカードは「雀さん」という愛称で親しまれ、Rのくせに強いので高レートで取引されている(いた?)。ちなみにFL都築さんのVo値は約一年後に都築さん自信で記録を塗り替えるまで、ダントツのVo値だった。というか、RカードでVo値1万超えるのは都築さんだけである。
Altessimoさえ引ければ無限にミニバーが回収できたため、上位ランナーのミニバー数がインフレするという山村ァ!な出来事が起きた。

どれみふぁ
8月11日にファーストライブが終わってから、五ヶ月。まだ都築圭は神楽麗の名前を呼んだことすらなく、待望の寸劇が来たかと思えば、判明したことは「都築圭の主食は水」「神楽麗は競馬が好き」という謎情報。AltessimoPは死にかけていた。実際、何人か引退したんじゃないかと思われる。それぐらいの期間であった。
だがしかし、新年あけて早々の1月5日、希望の光が降ってくる。飢えに飢えたAltessimoPの目に飛び込んできた予告バナー、それは、「お前あのFLのときのいじわるげな微笑みはどこへやった!?!?!?」と問い詰めたくなるような、無邪気な笑顔の都築圭さん(年齢不詳・元作曲家)の姿だった――。
FLはガシャだったこともあり、正真正銘の初イベント。ゆえに、アルテPたちは知らなかった。ビンゴの走り方を…。そこで爆誕したのが「 #アルテPビンゴ下手くそ説 」というストレートきわまりないハッシュタグ。走り方を知らないくせにテンションだけでぶっちぎるせいで、それはそれは大変ひどいビンゴっぷり。その様は他Pから「アルテP頑張れ」と応援をもらうほど。この様子はツイッターでハッシュタグ検索すれば見られるのでおすすめ。
長い長いおあずけ期間の末やっと得られたイベントは、雑誌も寸劇もすばらしいもの。なんか都築さんは着ぐるみのこと本物の妖精だと思い込んでるけど、まあ都築さんだからしょうがないね!麗さんは子供相手にしっかりお兄さんする成長っぷりまで見せてくれた。また、ここでやっと都築さんが相方を「麗さん」と呼ぶことが発覚。アルテPのあいだに激震が走る。「神楽くん」とかじゃないの…?尊い。
またカードの性能っぷりも相変わらずで、都築SR+は当時としてはVo最高値の「18541」をマーク。これまたやっぱり、のちに自分で塗り替えるまでは最高値であった。(余談だが、他に特定ステータスが18000を超えるSRは名探偵かのんさんと、音楽教員都築さんの二枚)

ぱじゃぱ
長い長いおあずけの末、やっと得られた神イベント・ドレミファ★メロディ。公式からの供給にまったく慣れていないアルテPたちは「これでまた半年待たされても大丈夫」とか「いや一年はいける」とか「三年ぐらい公式からの供給がなくても死なない」とか、燃費が良すぎることをのたまっては余韻に浸る始末。そんなアルテPたちの穏やかなひとときは、たったの一か月ももたずに崩壊することになる…パジャマパーティー開幕のお知らせであった。
ドレミファもSEMと一緒に子供番組とかいう「オファーするアイドル間違ってない?」というものだったが、今回も今回で、パジャマ。いや、もふもふえんはいいよ?麗さんもいいよ?つ、都築圭は年齢不詳っていってもたぶん確実に大人だぞ??しかし、いざ実装された都築さんといえば、歯ブラシを指揮棒にしていた。ブレない男である。
一方の麗さんは、もふもふえんたちの笑顔を見て「あんな笑顔できない」と悩む生真面目インテリっぷり。都築さんにとPからそれぞれアドバイスをもらい、困惑気味ながらもヴィジュアル的なお仕事をこなすのだった。ファーストライブの雑誌を見るに、外見で評価されるのは快く思わなそうなので、成長してきたなあと涙を禁じ得ない。
撮影後のお泊り会では、ふたりでケンカしてみようとしたけどうまくいかないという「え?なんなの?尊さでプロデューサーを殺すつもりなの?」という一面を見せつけた。五ヶ月の禁欲生活を強いられてきたアルテPは二か月連続のご褒美にただただ狂喜乱舞するばかりであった。

みゅぷろ
二か月連続のオルトからのアルテ攻撃を耐えきったアルテPたち。今度こそ本気でもう半年、いや一年、いやいや五年ぐらいは暮らしていけるぞ!とすっかりご満悦。強いSRカードに、充実したイベント内容。それらを振り返りながら、三ヶ月ほど平穏な日々を過ごしていた。
そんなある日、sideMのみならず全アイマスP、それどころかアイマスPではない人たちまでをも衝撃に陥れる発表があった。秋月涼の男性アイドルデビューである。しかも876プロを離れての移籍であるという。
そんな涼ちんの初イベント、そしてユニットメンバーである九十九先生と兜くんのお披露目であるSpecial Music Program -NEXT STAGE!-。sideMP、アイマスPたちが注目する中はじまったこのイベントは、共演者がAltessimoであった。かくして、アルテPたちは「去年あんだけ出番なかったのに、今年もう三回目!?」と嬉しい悲鳴をあげながら、一生懸命モバコインをつぎ込むことになる。涼ちん効果か、男性からの注目度も高く「麗くんやっぱり可愛い」という声がFLぶりに多かった。
またイベントの内容もすごい。イベント寸劇を見ていないという人は今すぐに見直してほしい!ステージで歌うことに抵抗がある麗さん。ヴァイオリニスト時代の苦しみを捨てきれず、一人葛藤する。それを見抜いた都築さんは、麗さんの内心を指摘。こっからがもう尊すぎて言葉で書くと無粋になっちゃう…。はよ!見てきて!!ね!!!尊いでしょう!!!!もう麗さんはひとりでステージに立たなくっていいんだよ…都築さんも一緒だからね…(号泣ポイント)
また、雑誌内ではアルテの二人が「天使」とか「天使の歌声」と称され、アルテPたちが常々叫んでいた「アルテマジ天使!」が公式化されてしまった。公式が言うんだからしょうがない。アルテは大天使!
ちなみに、ここでR+カードのVo最高値が更新される。都築圭が都築圭の記録を塗り替えていくスタイル。

コーラス
ミュープロが終わって、たったの二週間後のことであった。このころ、私の周りのアルテPたちは、ほとんど死屍累々、呼吸しているかどうかわからない者ばかりがごろごろと転がっていた。ミュープロのころはあんなに元気だったのに…(一部のガシャ爆死勢を除く)。なぜかというと、第二回ワケ生でボイスがつかなかったせいである。「雑誌順で声つくよね!」いう期待を盛大に裏切られたのだ。そのショックはあまりにも大きく、半ば引退しかける人も続出。
Altessimo、このままどうなってしまうのか――と危惧した矢先だった。彗星のように現れたのは、眼鏡をかけた都築圭という、「ザオリク」であった。
前回のSRとは一味違うカッコイイタイプの絵柄に、あちらこちらの墓の下からアルテPが這い上がり、奇声を発しながらの大暴走。都築さんも眼鏡!麗さんも眼鏡!ワケ生?なんだっけそれ??知らない子ですね…。あんだけ悲しんでたくせに一瞬にしてケロリと回復したのであった。ちょろい。
また、今までは長らく麗さんが中心となるイベントが続いてきたが、今回から「都築圭編」とも言えるようなシナリオがスタート(余談ですが、アルテのイベントはすべて内容が繋がっています)。年齢不詳ということもあり「1000年ぐらい生きてるのでは?」「やっぱり妖精だよ」とまことしやかに囁かれて来た都築さんの少年期が語られ、雑誌ではその姿も確認できる。最高かよ!
また、ここでSR+のVo最高値が更新される。やっぱり都築圭の記録を塗り替えるのは都築圭であった。
かくして死にかけていたアルテPたちは、完全に復活したのであった…。代わりに、預金や生活費という財産が死んでしまったのは言うまでもない。

BBQ
神タイミングと神眼鏡と神シナリオでうっかり喜んだけど、一か月に二度もイベントってなんだよ!山村ァ!とすっかり冷静さを取り戻した6月末、またしても月刊Altessimo発行のお知らせが届く。しかも、このときはAltessimoの寸劇期間の真っ最中。寸劇期間中にイベントがはじまるという前代未聞のキツキツスケジュールであった。アルテ今年5回目なんだからそんな急がなくていいよ!?夏はまだ長いよ!?
「たまねぎを切って涙する」という美少女かなにかかな?というシチュエーションをこなす麗さん。成長したね…!(?)また、雑誌で、麗さんが意外と釣りのエサを素手で掴める根性があることが発覚。強い。というか、寸劇を見るに「都築さんがあんなんだから自分が頑張ろう」とかたく決心した様子。最初のころは都築さんの言動ひとつひとつに「なんだこの人…」となっていたので、それに比べるとずいぶん信頼度が増してきた。
一方の都築圭は、蝶と会話し、草笛を吹き、エサをつけないまま釣り糸を垂らし、川へ落ちそうになり、星を見ていた。いつも通りともいう。で、でも、玉ねぎ食べたんだよ!あのお水しか飲まない都築さんがご飯食べたんだよ!えらいね!!
Beitとの共演はFL以来の二度目、約一年ぶりとなるが、都築さんはピエールの曲を大変気に入っていた。早く声ついて掛け合いしてくれないかな…ボイス…ワケ生…うっ頭が…(トラウマ)
ちなみにドレミファのときはひっどいひっどいビンゴで他Pすら心配させていたアルテPたちだったが、ビンゴばっかり3回もやらされて慣れたもんである。アルテPビンゴ上達説。…と言いたいが、たまに相変わらず「 #アルテPビンゴ下手くそ説 」っぷりを見せつける人もいる(主に自分)

パラリ
7月8日まで続いたバーベキューも終わりを迎え、いよいよ夏。本来であれば「もう一安心だよね~」となるところだが、これはsideM。そして、続く月刊Altessimo。油断してはならん!と神経を尖らせるアルテPたちのもとへ、案の定イベント予告がやってくる。
それは、地獄のチーム戦のお知らせであった。二度目の共演となるもふもふえんと常夏南国リゾート。はじめてとなる都築さんのガシャ。衝撃の「覚醒前がリゾートでもなんでもなく空港で出発を待つ」というものだったが、なんとドレミファで共演したエルフェ(っていうか、ただの着ぐるみ)を気にいり、海外にまでぬいぐるみを連れて行くという溺愛っぷりが露呈。都築Pが「え?女児なの?」と大混乱するハメに。
また、麗さんは前回のバーベキュー同様かなり頼れる男に成長しつつある姿を見せた。出発前、飴を差し入れたり、睡眠グッズを貸してくれたり。都築さんが海に入ったときも、20cmも背が違うというハンデのなか、しっかり追って、そしてちゃんと助けてくれた。すごいな!?いくら水中で都築さんが軽いといっても、なかなか力あるね麗さん!?


クソみてえな日記というかエッセイになってしまったので申し訳程度のおまけ・共演履歴
Biet:2回(FL、BBQ)
SEM:1回(ドレミファ)
もふもふえん:2回(パジャパ、パラリ)
F-LAGS:1回(ミュプロ)
コーラスは一方その頃だったので、ジュピターはカウント外。
早く私の担当アイドル同士絡んでくれ…想像できないけど…(冬馬&都築P並みの感想)

あとイベント内訳は、
ビンゴ:3回(ドレミファ、コーラス、BBQ)
マラソン:1回(パジャパ)
の計4回。
ですが、イベント特効ガシャについては、
ライブ:2回(FL、ミュプロ)
チーム:1回(パラリ)
という内訳。
か、偏ってる…おかげでビンゴは得意ですが、ライブは渚以来一度も走ってないので、アルテPライブ下手くそ説を生み出す自信がある。もうアルテはビンゴだけでいいんじゃないかな(極論)

SR内訳は、
麗さん:4回(FL、パジャパ、ミュプロ、BBQ/上位2回、ガシャ2回)
都築さん:3回(ドレミファ、コーラス、パラリ/上位2回、ガシャ1回)
実は都築さん、ガシャSRにひとつストックがあるので、ユニット内のSRバランスは超きれいです。イベガシャ2回ずつ。カンペキ。
同じキャラのSRが連続したのも、パジャパ(麗さん上位)→ミュプロ(麗さんガシャ)のみ。しかも、ここは「月刊Altessimo」ではなく三ヶ月間があるので、まあまあ温情的。
ただ問題は、それ以降「Altessimoは二人しかいないのに毎月出番がある」ということで…必ずどっちかがSRになるって…キツイっすよオルトちゃん…もうちょっとあっちの三人組とか五人組とかに出番わけましょうや…。


おまけっつーかこのへんの部分が最重要ですね!!あとで別で専用記事書きましょう。
スポンサーサイト
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。