スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんまり伝える気のないお笑いの話


久々にお笑い見に行ってきました。
LICENSE vol. TALK。
お笑いファンをやめて久しく、同時に周囲の仲間たちもほぼほぼ別ジャンルに以降して、お笑い垢ですらとうらぶとペダルの話題で埋まってしまっている状態なので、なんだかお笑いに触れるのは本当に久しぶりでした。

ホントはお笑いブログも持ってるんですけれど、周囲がとうらぶとペダルにしか興味なさそうなので、使わずにこちらに書きます。
どちらに書いてもどうせさほど目に留まらないのであれば、フォロワー多いほうに上げて「ライセンス」の名前でも売ろうという魂胆。
我ながら骨の髄まで立派な「ライクラ」だなというか…なんだろう、党首に対する「絶対服従」の名残がある(笑)






最初はレポするつもりでしたが、冷静になればあのひとたちってどこまで書いていいのかわかんないのでやめておきます。
ここ三年ほどアイマスに浮気しててライブ通ってないとはいえ、その前の六年間ぐらいは一途にずっと追ってたわけですから、配信されているライブ映像で一部音源が「バキューン」になってたり、どころかエピソード丸々カットされてるような人たちだって、充分わかっていますもの。
…いえ、昨日はそんなに危ないトークはなかったですけれど…。
やっぱ結婚して丸くなったかな??
でも昨日のトークっぷり、あまりに私が現役で追っかけてた時代と違いがなくて、「あれ?結婚したんだよな??」って気分になりました。

どうでもいいですけれど、(ぶっちゃけテレビに出始めた時期と私が就職してテレビ見る暇なくなったのが同時期なので詳しくはわからないけれど)テレビで見るあの人たち丸いですよね。
ぶりっこしてるとか猫被ってるとかでもなく、ナチュラルに「ほかの人の領土に居る」態度だな~って。いえ、目立つ場ではないのだから正解なんですけれど、それって「誰でもいい」ポジションにキャスティングされてんだな~という気もしますね。
なんの話かっていうと「私は地上派でエンジョイが見たかった」っていう話です。
キングの位置に居るライセンスが好きなんだよなあ。
だから、「ライセンスが好きだった」とアイマスから知り合った人にはあんまり言いたくないんですよねえ。
その人たちが脳裏に浮かべるライセンスと、私が知ってるライセンス、たぶん全然違うと思うので。
…でも「ライセンス」って言っただけで通じるというだけありがたいんでしょうね。
ライセンスはM-1出てたし昔っから大丈夫だったかもしれないけど、……ん?一時期はライセンス以上に推して、ライブは毎月絶対に通いつめて「人生でこんなに誰かを好きになったことがない」というレベルで熱狂的に愛した某芸人もM-1に出てた?ン?何の話かな??(記憶喪失)
いやまあ、ほら。ライセンスはダウンタウン配下だし。ねっ。
それが認識の差異の原因にもつながりそうですけれど。
ダウンタウン配下のライセンス見てる人と、ライセンス配下のライファミ見てる人の認識の差異…。

私がお笑いファンだったのはAGEAGE~ばちーんんんぐらいまでの時代なので、それはそれはもうライセンス配下といえば「一大帝国」でした。
アームが解散したりとか、enjoyが終わったりとか、そんなことは当時から一切思いつかないぐらいの時代でしたね。
まさかヤスがピンで、変な名前で(笑)、裸芸で売れるとは…というのは未だにテレビで見かけるたびに思います。やっちゃん頑張ったな~(俺が育てた顔)
そんな私なので、昨日のトークライブ中の、
井本「久々に森木に会ってん。enjoy終わったら会わへんやん」
藤原「あ~、俺もシゲと会うてないわ」
井本「ボンとか見たらもう、おお!ボン!?ってなるやん」
なんて話をしてたのがプチ衝撃でした。
enjoy…チョコプラ加入が最後に行った公演で、ぶっちゃけ「いつの間にか終わってた」な印象なんですけれど、なんとなく私には「永遠に続くもの」のように思えていたので。
終わったという自覚がしばらく得られないまま生きてたので、ちょっと大きな衝撃でした。
そうだよなあ。終わったんだものなあ。
そう思うと、その…熱狂的に好きだった某コンビもお元気かしらと思わざるを得ないところ。
まだ名前出せるぐらい堂々と「好きだった」というには足りない冷却期間なのでしばらくほっぽっておきますけれど。解散したらどうしよう、という焦りすらなく。しても困らないぐらい、一生分見たなあと言う気持ち。

閑話休題。

そうそう、結婚したこともあってたまにヒルナンデスとかでお見かけした党首(笑)のお姿はちょっとふっくらしたかな?という印象だったのですが、思ったより痩せてたし、こういう言い方は語弊があるのですが「劣化」してないなって。
純粋な「顔面」に加えて、体型とか、声とか、キャラクター性とか、そういうものをぜんぶ加味した上での「劣化してない」という印象。
男前ランキングでは一度も井本さんに入れてはないはずなので、やっぱ「顔」としてはそうでも…というか、まずそういうイケメンか否かみたいな目で見た記憶がないんですけれど。
けど、やっぱ出てきた瞬間「うわっ!!すげーかっこいいじゃん!!!」って思いました。びっくりした。
田舎から上京してはじめてライセンスを見たときもおなじこと思いました(お笑い見たさにわざわざ東京に進学した奴…)
なんでしょうね。純粋なクオリティというより、「私がこうあってほしい」という像があって、それを更に上回ってたなって印象でした。びっくり。
やっぱ芸能人なんですかね~もうね~。
食レポは苦手だなんて話ししてたくせにヒルナンデス出てるのも、いまだに笑ってしまう…(古参ぶってるけど、無限大からってたぶんぜんぜん古参じゃない)
あと「くっっろ!!!」と思いました。
森木さんへの免疫力が落ちてたらしい井本さんですけれど、私もライセンスへの免疫がだいぶ落ちていたと見える。あと、夏だからかな?
あ、井本さんばっかり見てますけど、これはもう…藤原さんのこともだいっすきなんですけれど、こちらは井本さんより「内面に私の求めるもの」があるので(井本さんもそんな外見の比率が高いわけじゃないんですけれど)。
ああ、でも藤原さんやっぱいい体型しているなあとは思いました。スタイルが良いですねえ。さすが。

「内面に私の求めるもの」があるという話なんですが、そのあたりもあんまり薄れてなくって嬉しかったです。
初対面の相手にノリの良い挨拶を求められたとき、無意識とはいえ拒否できてしまう気の強い井本さんと、相手に流されるままになるナイーブ藤原さん。
ああ、ライセンスってずっとライセンスだな~!と。

ただすっかりアニメ系の現場に慣れてしまったのと、お笑いファン時代もライセンスのライブによく行ってたわけじゃないので、客席がすっごい落ち着かなかったです。
みんなお笑いとアニメ掛け持ちしてなさそう!音楽とか好きそう!!さかなくしょん?とか?ふじふぁぶりっく??とか?好きそう!!みたいな(私は申し訳ないのですが音楽はサッパリなので色々誤認識ありそう)
あと、ちらりと上から覗いた彩が客入っててびっくり。
こう言っちゃなんですけれどもっと廃れてるもんかなって…。
これは私のお笑いアカウントがとうらぶとペダルの話題しかないせいですね。
まあ、抜けるファンが居れば入るファンも居るということでなんら不思議ではないのですが、「ああ良かったなあ」とすこし思いました。
いまから改めて若手を推すだけの気力はないのですが、ぼんやり応援しています。
いまからお笑いライブに通い直すなら、断然ライセンスと、オリエンタルラジオ。あとトータルテンボスだなあと思います。千鳥もいい。若手ならライスでしょうね、…若くないのかな、さては。
先日駅で田所さんとすれ違いましたが、まー三年ぶりにお見かけしましたけど元気そうで何よりでした、ってライブで確認しろよと言う話。

ツイッターで書くと長くなるし、だいたいお笑いアカウントにいったってお笑いの話してる人も居ないんだからこんなこと長々と言うと鬱陶しいことこの上なかったので、思っているお笑い関連のことをひとまとめにしてみました。
次にお笑いにハマったらアカウント作りなおしだなあ(リア垢もかねてて、会社の愚痴あけすけに言いまくってるから鍵外せない)
やっぱり、お笑い、いいですね。
アイマスのライブとは当たり前ですが別物で、向こうが終わったあとって「楽しい」だけじゃない感動とかがあって。
お笑いはそんなものなくて、サッパリとした「楽しい」だけが残るのがすがすがしいです。

あと、お笑いから離れた理由のひとつが「楽しめる趣味だったのに、趣味が悩みの種になってしまった」ことがあって。
人間関係…はそうでもなかったかな(笑)でも、好きな人が売れないとか。その理由を考察してしまったりとか。苦しくて。
それで「趣味を変えたいな」と思いはじめて一年目ぐらいのときにやっとアイマスにのめりこめたんですよ。ほんとありがたい。
一時期はず~~っと「もうお笑いファンではいたくない。だけど、お笑いより好きになれるものがない」って悩んでたので。それをミリオンライブがすべて解決してくれました、ありがとう!
でもいまは「アイマスが悩みの種になってしまっている」ので、お笑いに浮気しなおしです。
二つを適度に掛け持ちしつつ…なんてお金はないんですけれど…動画とか見られますしね。楽しんでいきたいなと。

そういえばしれっと芸人同棲のネタバレされた気がする!忘れなきゃ!!

まあブログってこんなもんだよね、というある種日記のような記事でした。

スポンサーサイト
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。